船が出来るまで

船が出来るまで

大きな船はどうやって造られているか、皆さんご存知ですか?
船が出来上がるまで実際にどのような工程があるのか、ご紹介いたします。

設計

発注主(船主)と打ち合わせをし、注文内容や適用される安全基準等に基づいて設計を進めていきます。

資材発注

鋼材、塗料、主機、発電機、プロペラ、航海機器、無線機器その他の必要な資材を発注します。

加工、組立て

鋼板をNC切断機により、コンピューターの設計データ通りに自動的にいろいろな形に切断していきます。
設計図をもとに部材加工し、小組立、中組立、大組立の工程を経てブロックを作製していきます。
工場内で組み立てるので作業性も良く安全で、しかもドックで組み立てる期間が短くてすみます。


NC切断機による切断

こちらでブロックを組み立てます、
完成後は屋根ごと動いて取り出します。

外注のブロックは海上輸送されることもあります

ブロックの搭載

組み立てたブロックはクレーンによりドック内まで運び搭載し、ブロックとブロックを結合していきます。

ドック内でそれぞれのブロックの結合していきます。
エンジンなどの積込も行います。

進水

主機や居住設備の搭載をして、いよいよ進水です。

ドックに注水して初めて水に浮きます

艤装工事

進水した後には艤装岸壁で機器の運転や残りの工事を行います。


艤装工事を行っています、今まで入っていたドックでは次の船の作業が始まっています。

試運転

海上を実際に走って設計通り航行できるかどうか、いろいろな性能確認試験を行います。


試運転中にはこのような航走写真を撮ったりします

完成、引渡し

すべての試験に合格すると船は船主に引き渡され、処女航海へと出航していきます。


船主に引き渡される際に船名が命名され盛大なレセプションが船主様や関係者を招いて行われます。

このように壮大な計画で、一つの船をたくさんの人で造りあげていきます。


あなたもこの一員に入りませんか?
新笠戸ドックでは、「世界を相手にビジネスをしたい!!」という意欲の若者を募集しております。
採用情報の詳細はコチラをご覧ください。

採用情報

一緒に世界を
相手にしませんか?

新笠戸ドックでは共に目標を実現 したい若者を求めております。

詳しくはこちら

株式会社 新笠戸ドック

本 社
〒744-0001
山口県下松市大字笠戸島
29番地120
TEL 0833-52-0111
FAX 0833-52-1070